コンサルタント募集|コンサルタントの声 コンサルタント転職、コンサルティング会社採用、コンサルティングファーム採用、コンサルファーム転職

ENGLISH
 
ホーム サイトマップ 情報セキュリティへの取組 お問い合わせ
  株式会社アットストリーム

経営管理・プロセス改革、組織・人材の強化、事業構造改革を支援する
プロフェッショナルなコンサルティング会社です

 
コンサルティング領域 プロジェクト実績 講演・セミナー 書籍・掲載記事 ニュース 採用情報
 
会社概要
地図とアクセス
私たちの信条
代表あいさつ
コンサルタント紹介
コンサルタント募集
 
新刊のご案内
弊社コンサルタントの新書
New Release!
事業計画を実現するKPIマネジメントの実務
  • イベント&セミナーレポート報告レポート 一覧
  • プロセスイノベーションセミナー
  • クライアント様と共に研鑽する研修会 アットストリーム・アカデミー
  • 原価計算ツールProfit+(プロフィットプラス)
  • コンサルタント募集中

  • 【業務提携先】

ホーム > 採用情報 > コンサルタントの声 > IT系コンサルタント

IT系コンサルタント/シニアマネジャー
大手コンサルティングファームを経て32歳で入社

お客様とともに成果を出すまで
やり遂げることが充実感の源

わたしの得意領域は、ITのスキルを活かした業務プロセス改革の構想策定・構築で、グローバルの経営管理に関するプロジェクトを多く手掛けています。国内・海外の拠点を含めたグローバルで、目指す経営の将来像とはどんな姿か、何を・どう管理して、どういったアクションをとっていけばいいのか、将来像を実現するためにはどのようなプロセスやシステムが必要か、もしくは体制作りが必要なのか、といったことをお客様と一緒に考えて実行していくのが仕事です。

システムありきの構想策定に疑問

前職では大手ITコンサル会社でITコンサルタントをしていました。ITスキルを軸として、会計やビッグデータの分析などの領域で、製造業や小売業、鉄道業など幅広い業種との関わりを持ち、コンサルタントとしての幅を広げてきました。

経験を積み、今後のキャリアもある程度見通せるようになってきたころ、「2年後ぐらいにはマネージャーになるだろうな」という時点で、自分がどういった方向性に進みたいのか、どんな形で世の中にメッセージを発信するコンサルタントになりたいのか、強く考えるようになりました。

大手ITコンサル会社ではシステム構築をはじめるという時点から関与することが多いです。お客様の中では、もっと前の段階から外部コンサルなどとともに構想策定が行われ、ある程度の方向性が決まっているわけです。しかし、構想策定はシステム構築に落とすための手段のような位置づけで、お客様のメリットや成果を考えたら「本当にシステムが必要なのか? システムではなく、まずは業務プロセスを変えるであったり、特定の海外拠点の底上げだったり、と別のやるべきことがあるのではないか」と思うこともありました。次第に、「コンサルの最初の段階から関わりたい」という思いが自分の中で大きくなっていったのです。最初から最後までお客様の近くにいて、ちゃんと成果を出すまでやり遂げたい。それができる会社に入りたい、そう思ったことが、転職のきっかけとなりました。

チャレンジングな環境が成長の糧となる

転職コンサルタントに紹介してもらった会社の一つが、アットストリームでした。アットストリームでは、まさしく最初から最後までお客様と関わる仕事のやり方が実現でき、また、小さいファームなので新しいことにチャレンジしやすい環境であるということがわかりました。
「構想策定もやりたい」と思って転職したわけですが、はじめはIT的な発想が抜け切れずうまくいきませんでした。正直、毎日千本ノックを受けているような、そんな感覚です(笑) ただ、アットストリームという会社は環境がすごく良く、仕事が難しく大変でも、それが嫌だと思うことはありませんでした。

まず、アットストリームはまさしく「少数精鋭」で、尊敬できるような素晴らしい人が揃っている会社だということ。次に、若い人が成長できるような、責任ある仕事をしっかり任せてくれる、という風潮があること。そして、そういう風潮があるのは、先輩には「もしものときには自分が責任をとる」という懐の深さがあり、それを支えるだけの自信が社風としてもあること、です。

そういった環境の中で働いていると、多少大変なことがあってもちゃんとやり切ってやろう、という踏ん張りも効きますし、自分自身も徐々に自信がついて、できる仕事が増え、成長していくのが実感できるようになります。

コンサルに限らず、大企業の場合は若い世代に対して裁量権のある仕事をあまり任せない、という問題があるように思います。特に私たちの世代は安定志向だとか、弱い世代だ、というイメージを持たれがちで、裁量権のある仕事を任せてもらいにくい気がします。その点アットストリームは、仕事の幅と裁量が非常に大きいことが大きな魅力です。

実は、私自身も以前は会社の先輩やお客様に対して、自分の意見をはっきり言うことができませんでしたが、最近はズバッと言うこともできるようになりました。自分の意見はしっかり相手に伝えた方が、健全な議論が行われ、いい方向に動くことが多いです。たとえ自分の意見が間違っていたとしても、相手に伝えたことによって自分の間違いが分かり、自分の軸を治すというか、正しいかどうかの判断基準が磨かれていくと実感しています。

新たな挑戦、そして理想の働き方を実現できる

現在は、今までの経験を活かして、新しいコンサルティングサービスの立ち上げにチャレンジしています。私が担当する管理会計領域においてシステムを構築するケースでは、運用が定着し、さらに活用の段階に入るまでには2〜3年はかかります。しかも莫大な費用と期間をかけたにも関わらず、活用に至るまでに頓挫してしまうケースさえあります。この考え方を根本から変え、本当に注力すべき部分にお客様が時間と費用を投資することのできるサービスを作りたいと考えています。アットストリームの構想から活用まで支援してきたこれまでの多くの知見をベースにシステム及びプロセスをテンプレート化しておき、実際に使ってもらいながらコンサルしていくことで、時間もかけず、またシステムを作るための莫大な費用を、管理会計の主目的である成果の刈り取りのための活動に費やして頂くことで、もっとお客様の役に立てると信じています。私のITスキルをいかしてクラウドサービスで収益管理テンプレートを作り、すでにお客様への提案を行い、実践・検証を進めています。

アットストリームは、このようにいろんなことにチャレンジさせてくれる場所です。私自身、これからもこれだ!と思うことにはとことんチャレンジしていきたいと思っています。やりたい事に挑戦したい、幅広い経験をしたいと思う人こそ、少数精鋭の会社に入った方が自分のスキルを磨けるのだと思います。

   

このページの先頭へ

  ホームコンサルティングの特徴コンサルティング領域プロジェクト実績講演・セミナー書籍・掲載記事ニュース会社概要コンサルタント募集サイトマップ
 

プライバシー・ポリシー情報セキュリティへの取組ウェブサイト利用規定リンクについてお問い合わせ