小売業の収益構造を見極め、“儲かる”企業に改革するための着眼点│金融機関において、小売業を担当する方の必携書

ENGLISH
 
ホーム サイトマップ 情報セキュリティへの取組 お問い合わせ
  株式会社アットストリーム

経営目標を着実に達成し、突破力のある経営管理を行うための
実践手法を提示しています。

 
コンサルティング領域 プロジェクト実績 講演・セミナー 書籍・掲載記事 ニュース 採用情報
 
会社概要
地図とアクセス
私たちの信条
代表あいさつ
コンサルタント紹介
コンサルタント募集
 
新刊のご案内
弊社コンサルタントの新書
New Release!
事業計画を実現するKPIマネジメントの実務
  • イベント&セミナーレポート報告レポート 一覧
  • プロセスイノベーションセミナー
  • クライアント様と共に研鑽する研修会 アットストリーム・アカデミー
  • 原価計算ツールProfit+(プロフィットプラス)
  • コンサルタント募集中

  • 【業務提携先】
ホーム > 書籍・掲載記事 > 書籍一覧 > 小売業の収益構造を見極め、“儲かる”企業に改革するための着眼点

書籍紹介


小売業の収益構造を見極め、“儲かる”企業に改革するための着眼点
『小売業の収益構造を見極め、
“儲かる”企業に改革するための着眼点』
著者   : 加納由紀子、川原拓馬(共著)
監修   : 大工舎 宏
出版社: 金融財政事情研究会; ISBN: 9784322117295 (2010/11)
定価   : 2,376円(税込)
金融機関において企業向けの投融資業務に携わる方々を対象として、小売業に対しての「目利き能力」を高めることをテーマとしています。どのような視点・着眼点をもって各取引先企業をみていけばよいか、収益改革を中心とする小売業の経営改革を金融機関の立場から推進支援する際に、どのような進め方をすればよいか、留意すべきことは何か、について実務的な指針を提供しています。

 当書籍は、Amazon.co.jp別ウィンドウが開きます等、大手書店店頭等でご購入いただけます。
 著者へのコンタクト

■本書の内容

◆小売業の収益構造の特徴を明らかにし、いかにして儲け、利益をあげていくか、そのための出店戦略、売上計画はどのように策定するべきかについての着眼点を示す。
◆取引先企業の実力や課題を深く知るための着眼点、訪問する際のヒアリング・確認項目を整理し、目利き能力の向上を図る。
◆「店舗別損益」に焦点をあて、儲かる店舗と儲からない店舗の判断ポイント、店舗のスクラップ&ビルドならびに出店計画における検討ポイントについて整理し、低成長時代の店舗戦略を示す。
◆ロス管理、仕入の見直し、人件費など原価・費用項目の低減による収益改善のポイントを整理し、本部機能のあり方について論じる。
◆実例を通じて、改革プロジェクトの設計と各ステップにおける主要実施事項、経営改革計画を推進する上でのポイントや留意点を整理する。
◆コンサルタントの立場から、小売業における経営改革への取組み過程で金融機関が果たすべき役割についても言及している。

■章立て

第1章 儲かる小売業を見極めるポイント
1 小売業を知る
(1) 金融機関からみた小売業
(2) コンサルタントのアプローチ手順
(3) 目利きになるためには
2 訪問前に確認すること
(1) 経営資源で押さえておくべきポイント
(2) 業績で押さえておくべきポイント
3 訪問時に確認すること
(1) 店舗の売上がわかるようになる
(2) 売上高のポテンシャルを知る―ハード要因
(3) 売上高のポテンシャルを知る―ソフト要因


第2章 小売業の収益構造を理解する―儲かる店舗、儲からない店舗の判断
1 店舗別損益のつくり方
(1) 店舗別の損益確認
(2) 店舗別損益シミュレーション
(3) 効率性の分析
2 スクラップ&ビルド―なぜその店舗を閉めなければならないのか
(1) 課題店舗抽出のプロセス
(2) 退店検討プロセスの設定
3 スクラップ&ビルド―どのような店舗を出せば良いのか
(1) 出店基準
(2) 出店承認プロセス


第3章 小売業の収益構造を理解する―利益をあげる
(1) 原価を下げる
(2) 原価を下げるための管理手法
(3) 人件費を下げる
(4) その他経費を下げる


第4章 事例にみる、収益改革のアプローチ
1 プロジェクト設計
(1) Step1 改革チームを組成する
(2) Step2 現状を分析する
(3) Step3 計画を策定する
(4) Step4 実現シナリオを描く
(5) Step5 改革を推進させる
2 企業改革を推進するうえでのポイント
(1) プロジェクト設計時の留意点
(2) 現状分析時の留意点
(3) 計画策定時の留意点
(4) 実現シナリオを描く際の留意点
(5) 改革を推進させる際の留意点


第5章 小売業の改革において、金融機関が果たすべき役割
(1) 改革にどのように取り組んでもらうか
(2) 改革プロジェクト実行時点での役割
(3) 改革プロジェクトの成果物に対する見方
(4) 改革プロジェクトの推進時の役割

■著者・監修者 紹介

大工舎 宏 Hiroshi Daikuya
アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティングを経て、2001年に(株)アットストリーム を共同設立。
事業戦略・事業構造改革ならびに各種経営管理制度の企画・推進、構造改革に伴う各種変革活動の実 行・定着の支援が主な専門。公認会計士。
主な著書に『ミッションマネジメント‐価値創造企業への変革‐』(生産性出版)(共著)、『ABCマネジメント』(ダイヤモンド社)(共著)、『高収益を生む 原価マネジメント 「使える原価情報」を経営に活かせ!』(日本能率協会コンサルティング)、『経営の「突破力」 現場の「達成力」 - 経営と現場を結ぶ4つの実践手法』(日本能率協会コンサルティング)、『金融機関のための取引先企業の実態把 握強化法-経営計画から企業の本当の実力がみえてくる』(金融財政事情研究会)(共著)。


加納 由紀子 Yukiko Kano
(株)船井総合研究所、アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティング、トーマツコンサルティ ング(株)(現 デロイトトーマツコンサルティング(株))を経て、(株)アットストリームに参画。 マーケティング戦略・販売戦略の企画・推進、流通・小売・外食・サービス業における事業戦略・事業構造改革の企画・推進が主な専門。
主な著書に『売れる売り場はこうつくる』(こう書房)、『なぜこのお店に人が集まるのか』(PHP研究所)、『金融機関のための取引先企業の実態把握強化法-経営計画から企業の本当の実力がみえてくる』(金融財政事情研究会)(共著)。


川原 拓馬 Takuma Kawahara
商工中金を経て、(株)アットストリームに参画。 財務構造分析・収益構造分析、事業戦略・マーケティング戦略・事業構造改革の企画・推進が主な専門。
著書に『金融機関のための取引先企業の実態把握強化法-経営計画から企業の本当の実力がみえてくる』(金融財政事情研究会)(共著)。 



 

弊社のその他の書籍を見る

書籍一覧へ

| ホーム |

   

このページの先頭へ

  ホームコンサルティングの特徴コンサルティング領域プロジェクト実績講演・セミナー書籍・掲載記事ニュース会社概要コンサルタント募集サイトマップ
 

プライバシー・ポリシー情報セキュリティへの取組ウェブサイト利用規定リンクについてお問い合わせ