経営管理、経営目標、経営計画の策定と実行、KPI(重要業績評価指標)の設定

ENGLISH
 
ホーム サイトマップ 情報セキュリティへの取組 お問い合わせ
  株式会社アットストリーム

経営目標を着実に達成し、突破力のある経営管理を行うための
実践手法を提示しています。

 
コンサルティング領域 プロジェクト実績 講演・セミナー 書籍・掲載記事 ニュース 採用情報
 
会社概要
地図とアクセス
私たちの信条
代表あいさつ
コンサルタント紹介
コンサルタント募集
 
新刊のご案内
弊社コンサルタントの新書
New Release!
KPIで必ず成果を出す目標達成の技術
KPIで必ず成果を出す目標達成の技術
大工舎 宏、
井田 智絵(共著)
  • イベント&セミナーレポート報告レポート 一覧
  • プロセスイノベーションセミナー
  • クライアント様と共に研鑽する研修会 アットストリーム・アカデミー
  • 原価計算ツールProfit+(プロフィットプラス)
  • コンサルタント募集中

  • 【業務提携先】
ホーム > 書籍・掲載記事 > 書籍一覧 > 経営の「突破力」現場の「達成力」経営と現場を結ぶ4つの実践手法

書籍紹介


経営の「突破力」 現場の「達成力」 経営と現場を結ぶ4つの実践手法
『経営の「突破力」 現場の「達成力」
    - 経営と現場を結ぶ4つの実践手法』
著者   : 大工舎 宏
監修   : 平山 賢二
出版社: 日本能率協会コンサルティング; ISBN: 4889562753 (2004/12)
定価   : 2,160円(税込)
設定した経営目標が達成されない、策定した経営計画が実行されないという状況に陥ってはいないでしょうか?収益構造をブレイクダウンし、何を行えば業績が向上するのかを明確にする必要があります。そのために経営数値と現場活動を結びつけるものがKPI(重要業績評価指標)です。
本書では「収益構造展開」、「KPIの設定」、「目標/方策マトリクス」、「スコアカードによるPDCA」の4つの手法により、経営目標を着実に達成し、突破力のある経営管理を行うための実践手法をご紹介しています。

 当書籍は、Amazon.co.jp別ウィンドウが開きます等大手書店店頭でご購入いただけます。
 著者へのコンタクト
 大工舎 宏のその他の著書

■本書のテーマ

経営計画を論理的に策定し、実行し、成果をあげていくために必要な仕組みは何か?が本書のテーマです。
製造業を対象として、経営目標を着実に達成し、突破力のある経営管理を行うための実践手法を提示しています。
本書で提示している手法を用いることにより、経営レベルの業績と現場の改善活動とをリンクさせることが可能となります。

■本書の内容

経営計画の策定と実行に関する課題を背景に、課題解決のための4つの手法を提示しています。
手法の説明だけでなく、現実の運用におけるポイントにも言及し、実務的に活用いただける内容としている点が本書の特徴です。
【4つの手法】
1.収益構造展開:経営数値の何が変われば業績が上がるか  ⇒  今どこにいるのか
2.KPIマネジメント:活動結果が経営数値に反映されるか  ⇒  どこに行くべきか
3.目標/方策マトリクス:関係者が協力して問題解決する仕組みになっているか  ⇒  ハシゴをかける
4.スコアカード:実行を促す定期的な活動管理の仕組みと活性化  ⇒  ハシゴを登る

■章立て

第1章:突破力を生む経営計画の策定と実行
1-1 なぜ計画(目標)は達成されないのか
1-2 経営計画における4つの課題
1-3 4つのステップで「突破力」「達成力」を高める

第2章:経営の突破力を高める実践手法
2-1 収益構造展開
2-2 KPI(重要業績評価指標)の設定
2-3 目標/方策マトリクスによる部門横断活動の推進
2-4 スコアカードによるPDCAマネジメント
2-5 経営目標の設定と共有

第3章:ケーススタディで学ぶ経営の突破力の向上
3-1 再建への着手
3-2 経営目標の設定と課題の共有化
3-3 収益構造を明らかにするための取り組み
3-4 KPIの設定とPDCAマネジメントによる実行管理
3-5 部門間連携の強化とプロセス改革
3-6 経営管理力の継続的向上

■どういう場合にお役に立つか

  • 中期経営計画、年度経営計画の策定方法や内容を見直していきたい。
  • 自社の収益構造を明らかにし、経営目標達成のための成功要因を明確にしていきたい。
  • 経営目標達成のための経営管理指標や、業績管理指標の見直しを行っていきたい。
  • 経営目標達成のための具体的な方策・施策の設定を進めていきたい。
  • Plan-Do-Check-Actionの経営管理の仕組みを見直していきたい。
  • 経営目標の設定方法、経営目標の共有プロセスの見直しを進めていきたい。

■著者・監修者 紹介

著者:大工舎 宏
アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティングを経て、2001年に(株)アットストリームを共同設立。公認会計士。業績管理制度(パフォーマンス・マネジメント)の構築・導入、事業構造改革の立案・推進、組織改革・業務改革の推進などの各種プロジェクトに従事。
主な著書に『ミッションマネジメント‐価値創造企業への変革‐』(生産性出版)(共著)、『ABCマネジメント』(ダイヤモンド社)(共著)、『高収益を生む 原価マネジメント 「使える原価情報」を経営に活かせ!』(日本能率協会コンサルティング)。


監修者:平山 賢二
大手メーカー、(株)日本総合研究所(旧 住友ビジネスコンサルティング)、アーサーアンダーセン ビジネスコンサルティングを経て、2001年に株)アットストリームを共同設立。サプライチェーン改革、グループ連結経営管理制度再構築、情報システム化戦略などの各種プロジェクトに従事。
主な著書:『ミッションマネジメント 〜価値創造企業への変革〜』(生産性出版)、『e生産革命』(東洋経済新報社)、『ABCマネジメント』(ダイヤモンド社)、『儲けるものづくり - 生産拠点戦略のワナを見抜け』(工業調査会)、『勝つ現場力- 工場改革プロジェクト4つの新手法』(日本能率協会コンサルティング)、『日本のモノづくり 58の論点−持続的繁栄を築く思想』(日本能率協会コンサルティング)(共著)、『勝つ改善力 - ベスト・ワースト法で実現する現場改革』(日本能率協会コンサルティング)など。



 

弊社のその他の書籍を見る

書籍一覧へ

| ホーム |

   

このページの先頭へ

  ホームコンサルティングの特徴コンサルティング領域プロジェクト実績講演・セミナー書籍・掲載記事ニュース会社概要コンサルタント募集サイトマップ
 

プライバシー・ポリシー情報セキュリティへの取組ウェブサイト利用規定リンクについてお問い合わせ